BPSコース

「BPSを基本とした、総義歯、IODならびに
喜んで使ってもらえる
パーシャルデンチャーの設計製作」コース

日常臨床において義歯の処置をしない日は無いと思いますが、総義歯は特に難しく敬遠しがちな分野になっていないでしょうか?特に難症例と言われるケースでは処置に苦慮することが多いと思います。

総義歯臨床は、有床義歯補綴ならびに審美補綴の基本と言われています。それは指標の少ない3次元的な空間に人工歯を配置し、歯肉を設定し、なおかつ機能的な筋や軟組織の動きを妨げるのではなく助けられるように辺縁を決定する必要があるからです。総義歯に関しては、これまで多くの方法が提唱されてきましたが、「誰がやっても一定以上の結果が得られる方法」はほとんどなく、それが予知性の低さにつながってきました。

昨年に河原英雄先生の「かみつきのいい総義歯をつくるためのセミナー」を開催いたしましたが、このコースは義歯の咬合に着目した義歯の作成、調整方法に関するものでした。今回のコースでは「誰がやっても一定上の結果が得られる方法」として総義歯をはじめ、パーシャルデンチャー、オーバーデンチャーの基本としBiofunctional Prosthetic System(以下BPS)の解説とデモを行います。このBPSは、河原先生のセミナーとは違い、総義歯を一から作成していくステップ、すなわち概形印象から装着までのすべてのステップをシステム化したものです。このBPSは現在リヒテンシュタインに本社を有するIvoclar Vivadent社が、1960年代にヨーロッパの大学ならびに臨床家の様々な知識と技術を巧妙に統合し、必要な機材を付け加えることで義歯製作のシステムとしたもので、改良をつづけながら90年代にほぼ現在のBPSが確立され、全世界で臨床に応用されています。

その利点は

  • シンプルで明確な診療ステップ、少ない来院回数で製作可能
  • 専用の概形印象採得システムによる優れた概形印象採得と仮の咬合採得
  • 閉口機能印象により、下顎義歯の吸着が得られやすい
  • 咬合採得を2段階に分散させ、ゴシックアーチを用いることで、より正確な咬合採得が可能
  • Dr、DTともにライセンス制を採用、統一された教育システムにより、Dr とDT の連携がとりやすい。

などがあげられます。

「誰がやっても一定上の結果が得られる」ことは米国の多数の大学でBPSが教育に採用されていること、我が国で最初に卒後臨床教育に採用した大阪大学での研究結果でも明らかにされています。

本コースでは このBPSについて

  • BPSによるコンプリートデンチャーの製作方法
  • 異物感が少なく使いやすいパーシャルデンチャーの設計と製作法
  • 維持安定を確保しつつ顎堤を保全するオーバーデンチャー、インプラントオーバーデンチャーの設計と製作法
  • CAD/CAMを用いた義歯製作法

をご紹介し、その理論的背景をご説明するとともに、デモ患者さんを用いて、臨床の各ステップを見学していただきます。このコースはその後の4日間のクリニカルコース(9月29日~30日、11月3日~4日)につながり、これら全てのコースを受講すると、イボクラー社の認定のBPS専門医となることができます。

本セミナーは上記のように、明日からの臨床に直結する内容であり、JSCTで今まで行ってきました義歯に関する特別講演の総括となるものであり、先生方の臨床に必ず役立つものと確信しております。多くの先生の御参加をお待ち申し上げております。

担当講師一覧

・前田芳信(大阪大学歯学部歯学研究科 特任教授、前歯科補綴学第二講座教授、元大阪大学歯学部付属病院長)

・松田謙一(大阪大学歯学部歯学研究科 助教)

・黒川元宏 (和田精密歯歯研)

ベーシックコース受講費用

¥60,000

※定員30名
開催場所:大阪

研修日程

講習日(全1回 計1日間)

大阪(会場:サラヤセミナールーム)

 ベーシックコース
満席情報
第1回H30  6月 2,3日

クリニカルコースは

(1回目:9/29.30、2回目:11/3.4)開催予定

決定し次第お知らせ致します。

研修コースのお申し込み

各種研修コースへは下記のメールフォームよりお申し込みください。
お申込みの確認が取れ次第、FAXもしくは郵送にて事務局より受講料のご案内をお送りさせていただきます。