小野善弘

小野 善弘

Yoshihiro Ono

 銀座ペリオ・インプラントセンター(東京・銀座)顧問
 JIADS主宰、AAP(アメリカ歯周病学会)名誉会員
 アメリカ歯周病学会歯周形成外科学会名誉会員
 東京JIADS studyclub主宰
 元東京医科歯科大学非常勤講師
 元大阪大学非常勤講師
 元東京歯科大学非常勤講師

 


  講演・研究実績

  • 「Augmentation of the damaged edentulous ridge」

1996 年 アメリカ歯周病学会 Forum for clinical innovation

  • 「予知性の高い歯周治療とインプラント治療」

1997 年  ハーバード大学歯学部講演

  • 「矯正治療と歯周治療の接点」

1998 年 日本歯周病学会春期学術大会 シンポジウム 歯周治療と矯正治療について

  • 「歯周形成外科―Periodontal plastic surgery」

2000 年 日本歯周病学会秋期学術大会 臨床特別シンポジウム

  • 「歯周治療における Predictability と Longevity」

2000 年 日本歯周病学会秋期学術大会 認定医教育講演

  • 「Developing the optimal esthetic result」

2000 年 アメリカ歯周病学会 General session

  • 「Periodontal Plastic Surgery Related to Natural Dentition,
    Restored Teeth and Implants」

2004年 International Symposium of Periodontics & Restorative Dentistry (Boston,U.S.A.)

  • 「Treatment Strategy for difficult cases」

2007年 International Symposium of Periodontics & Restorative Dentistry (Boston,U.S.A.)


  著作など

  • 新しい時代に向けてー現在の歯科医療への提言及びその展望      小野善弘
    日本歯科評論 No.519:217-220, 1986
  • 歯周外科処置        小野善弘・中村公雄
    歯科ジャーナル 26(6): 927-937,1987
  • 補綴からみたメインテナンス     小野善弘・中村公雄
    Dental Diamond No.13 : Vol.14,248-260, 1988
  • 歯周治療に関する Dr.Myron Nevins の考え方
    小野善弘・中村公雄    JIADS  1992
  • 歯周治療の予知性を高めるための Scaling-Root Planing の位置づけ
    山本浩正・小野善弘・中村公雄
    ザ・クインテッセンス 1993
  • インプラント治療の視点ー歯周病学的アプローチの意義と必要性
    小野善弘
    Dental Implantology 1(4): 69-81, 1994
  • ガイダンスGTRの臨床
    Myron Nevins・小野善弘・佐藤直志
    Editorial House AKI   1993
  • コンセプトをもった予知性の高い歯周外科処置
    クインテッセンス出版 2001  4月号―6月号
  • 歯周形成外科
    クインテッセンス出版 2001 4 月号ー2001 6月号
  • The Journal of JIADS CLUB
    Vol.1 No.1 October , 1994
    3iインプラントの臨床   中村公雄 小野善弘
    3iインプラント体および外科用コンポーネントの特徴 中村公雄 小野善弘
    Vol.2 No.1 January , 1995   症例報告  小野善弘
    Vol.2 No.2  May , 1995      症例報告   小野善弘
    Vol.2 No.3 August , 1995    歯周病の各段階における考え方とその治療オプション    小野善弘
    Vol.3 No.1 May , 1996  無歯顎および局部欠損症例に対する
    インプラント治療の考え方とその臨床 小野善弘
    Vol.3 No.2 August , 1996  部分欠損症例における
    インプラント周囲の角化歯肉獲得について 小野善弘
    Vol.5 No.3 , February , 1999 10周年を迎えて 小野善弘
    Vol.8 No.1 , August , 2001「歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の共同作業」
    -歯周補綴治療の長期経過患者を通じて- 小野善弘 中村公雄 重村宏 大住祐子
    Vol.8 No.2 , December , 2001  症例に応じた治療オプションの選択(1)
    -長期経過症例を通じて- 小野善弘 中村公雄
    「第87回アメリカ歯周病学会(AAP)&ハーバード大学講演会」 小野善弘
    Vol.8 No.3 , June , 2002 症例に応じた治療オプションの選択(2)
    -長期経過症例を通じて- 小野善弘 中村公雄
    Vol.9 No.1 , November ,2002 歯周治療と補綴治療の連携
    -審美的回復を要求されたフルマウス・オーラル・リハビリテーション 小野善弘 中村公雄
    Vol9 No.2 , June , 2003/05/16 歯周治療と補綴治療の連携
    -再治療を繰り返した結果、残存歯への荷重負担増ならびに咬合不安定を招いた患者に対する対処と経過- 小野善弘 中村公雄
  • Implant Therapy
    Clinical Approaches and Evidence of Success  Vol2
    M.Nevins J.Mellonig    Quintessence Publishing Co,Inc
    [The Need For Keratinized Tissue for Implants]
    Yoshihiro Ono, D.D.S.  Myron Nevins , D.D.S.& Emil G.Cappetta,D.M.D.
  • Quitessence Dental Implantology  Vol 5 , No.3  1998
    上顎臼歯部に対するインプラント治療時の骨診査法
    ー根管治療用リーマーを用いて
    浦野 智  小野善弘
  • Quitessence Dental Implantology  Vol 5 , No.4  1998
    インプラント治療後のメインテナンス
    浦野 智  小野善弘
  • スーパー図解 歯周病 : 後悔しない歯科医選びのための最新知識
  • 自分にあった歯科医をみつけるための歯科学・患者学
  • コンセプトをもった予知性の高い歯周外科処置
  • 安全・安心なインプラント治療のために
  • ザ・クリニカルデンティストリー


  略歴

  • 昭和47年九州歯科大学卒業
  • 大阪大学歯学部補綴第二講座入局
  • 昭和49年大分県別府市にて開業
  • 昭和57年ボストンのIADSに入学Dr.Nevinsに師事
  • 昭和59年中村公雄とともにO-N Dental Clinic
    (現医療法人貴和会歯科診療所)を共同開業
  • 日本臨床歯周病談話会会員。AAP会員。

  ホームページ